【アラカンの講師・門脇竜一】いぶし銀にはまだ遠く…(2)講師界の開幕戦

今日は4月1日。新元号は「令和」と決まりました。

今年の新入社員さんたちには思い出深い入社式の一日となったことでしょう。

だいたい、入社式は午前です。
これの終わった午後からが新入社員研修のスタートとなります。
外部講師の出番は、明日の2日目からが多いというのが一般的なところです。

かくして、私も移動して、明日に備えているというわけです。

年明けの、1月初登壇も感慨深いものはあるのですが、春には春の感慨があります。
プロ野球選手が開幕戦に臨む時の心境はこういうものかいなと思わず、想いを馳せて
しまいます。

さぁ、明日はプレイボール!

初球は何を投げますか。
やっぱストレートかな。